2012年06月20日

人類と宇宙人の話

カッパが夜空を眺めてきゅうりを食べていたよ。
すると、きゅうり型のUFOが浮かんでた。
すると、まばゆいばかりの光であたりが明るくなった。そしたら天から声が聞こえてきた。

宇宙人 「人類の先祖は宇宙から来てる人が多いよ。」

カッパ 「え?どうやって?」

宇宙人 「彼らは時空を越えることが出来て、あっという間にやって来るんだ。重力の割れ目を利用してくるのさ。。」

カッパ 「そりゃすごカッパ」

宇宙人 「観光目的でやって来た彼ら(宇宙人)は、宇宙船の中で、地球に住んでいた「猿」に改良を加えて遊んでいたのだ。宇宙人は、宇宙服を脱いだら人間に似ているので、それに似せて猿を改造しました。その猿は宇宙人の言うことを良く聞いたのだそうです。
 やがて、遊びに飽きた宇宙人は宇宙に帰っていってしまいました。
 残された改造猿は地球上ではびこっていきました。そして、天から降りてきた宇宙人のことを神様だと思い、神様が天から降りてきたと言う話になっていったんだ。」

カッパ 「なるほど。」

宇宙人 「改造した猿の優秀なものが神官を努めたのだ。」

カッパ 「じゃあ人間の考えも?宇宙人がつくったの」

宇宙人 「神話の神様は、倫理や道徳と言うものと関係ありません。宇宙人が地球をこういう風にしました。
 宇宙人は惑星を造って遊んでいます。
  星を壊したり造ったり出来ます。
 時空をコントロールすることも出来ます。
 でも、人間の概念がついていけません。
 時間は、いろんな方向に向かって複数あります。」

カッパ 「なんか、よくわからないなあ。でもすごいんだ。」

パパパー
posted by 鴨カッパーラ at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

地震ってどうして起きるの?

カッパが寝てたら、グラっとゆれたどす。
地震どす。
カッパのオナラではないどす。

それで、神様にきいてみたよ。

カッパ 「なんで地震が起きるの。」

神様  「地球のひずみで地震が起きるのじゃ。地球はゆで卵みたいにやわらかい。ひびが入って裂けると、元に戻ろうとしてそのときに地震が起きるのじゃ。」

カッパ 「地球はゆで卵どすか。とめる方法がないのかな。」

神様  「地震が起きないように、行者や修験者が富士山に登ってお祈りしている人がいるのぉ。そのものらは山の神、地の神に平伏してお詫びしておる。人知れずやっているのだ。」

カッパ 「そうなんですか。それは知りませんでした。奇特な方がおるんですなあ。」

パパパー
posted by 鴨カッパーラ at 13:30| Comment(0) | 神様の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

神様を家でまつろう。誰でも簡単にできるよ。

神様の祀り方

神様をお祀(まつ)りしたいんだけど、どうしたら良いのか困ったら・・・。
かっぱが、神様に教えてもらってきたよ。

お酒と塩と昆布と榊(さかき)スーパーでうってる。
とお米と鏡と紙垂(白い和紙でいなづまみたいに折った紙)を用意して神棚にお供えする。

明るくて気の良い場所が良い。気のよい場所って、南向きとか東向きに神棚が向くようにね。
神棚は木が良い。100円ショップやホームセンターで板買って組んでもいいよ。
クギ使わないようね。クギは全部 厳禁 だよ。

机を置いて祭壇を作るのもいいよ。
お札を向きを間違えずに祀る(お札が南か東を向くように、つまり北か西の壁にはる)
貼るときもクギ、ビス、画鋲はだめ。セロテープでいいよ。
神棚は買わなくていい。

机の上に鏡とか飾るのでいい。昔は台の上に祀っていた。

白い素焼きの皿を用意する。
神棚を高く祀るのは神に近づこうとしたため、座ってお参りできる高さで問題ないどす。
自分で信じて、清浄な場所にお祀りすると、神様がやってくる。そこでお話も出来るよ。
神鏡は縁が無くて丸いもの。

寝るときに神棚に足がむいても気にしなくて良いよ。
それは迷信。夜は神様は帰っているから。
あなたと交信したいときに来るどす。神棚に住んでいるわけではないどす。
客間だと思って、清掃や片付けを行うこと。

お客さんが来たときにもてなすでしょ?
だから、おいしい洋菓子やクッキーやケーキをお供えしてもいいんだよ。
パンでもいいし。ま、ステーキの人もいるかもしれない。
大事なのは、気持ちです。

汚くしていても来てあげますが、でもきれいにしていなさい。
posted by 鴨カッパーラ at 15:27| Comment(0) | 神様の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。