2012年06月16日

神様を家でまつろう。誰でも簡単にできるよ。

神様の祀り方

神様をお祀(まつ)りしたいんだけど、どうしたら良いのか困ったら・・・。
かっぱが、神様に教えてもらってきたよ。

お酒と塩と昆布と榊(さかき)スーパーでうってる。
とお米と鏡と紙垂(白い和紙でいなづまみたいに折った紙)を用意して神棚にお供えする。

明るくて気の良い場所が良い。気のよい場所って、南向きとか東向きに神棚が向くようにね。
神棚は木が良い。100円ショップやホームセンターで板買って組んでもいいよ。
クギ使わないようね。クギは全部 厳禁 だよ。

机を置いて祭壇を作るのもいいよ。
お札を向きを間違えずに祀る(お札が南か東を向くように、つまり北か西の壁にはる)
貼るときもクギ、ビス、画鋲はだめ。セロテープでいいよ。
神棚は買わなくていい。

机の上に鏡とか飾るのでいい。昔は台の上に祀っていた。

白い素焼きの皿を用意する。
神棚を高く祀るのは神に近づこうとしたため、座ってお参りできる高さで問題ないどす。
自分で信じて、清浄な場所にお祀りすると、神様がやってくる。そこでお話も出来るよ。
神鏡は縁が無くて丸いもの。

寝るときに神棚に足がむいても気にしなくて良いよ。
それは迷信。夜は神様は帰っているから。
あなたと交信したいときに来るどす。神棚に住んでいるわけではないどす。
客間だと思って、清掃や片付けを行うこと。

お客さんが来たときにもてなすでしょ?
だから、おいしい洋菓子やクッキーやケーキをお供えしてもいいんだよ。
パンでもいいし。ま、ステーキの人もいるかもしれない。
大事なのは、気持ちです。

汚くしていても来てあげますが、でもきれいにしていなさい。
posted by 鴨カッパーラ at 15:27| Comment(0) | 神様の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。