2012年06月12日

孝明天皇のお言葉3「明治天皇は血筋が違う」

「皇室は藤原の血で持っているが、私が死んだ後は、教養の藤原仕込が上手くいかなくなった。 皇室本来の知性の片鱗を見ることは、もう出来ぬであろう。
 本来であるなら、明治天皇と呼ばれているもの以降は(血が)違うから、我々の末裔の者を再度入れるべきであるが、困難かもしれない。
 ただ大事なのは、三種の神器、神事、この皇室の持つ膨大な資産。
 私も、また一人の国を造った神に奉仕する神官でもあるから、巨大な日本という神社、世襲制の神官、神官としての自覚が大切だ。」

上が孝明天皇、中が明治天皇、下は現代の皇太子や皇族。どんどん下手になるのがわかる。孝明天皇.jpg明治天皇.jpgimg20070406101937浩宮礼宮さーやの書.jpg
posted by 鴨カッパーラ at 19:16| Comment(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。