2012年06月08日

神様の声5 すべての生命は愛の中にある

今滅亡すると思っている人が逃れようとして
防御を進めると、そういう人は残れないんだ。
人間にとって正しいと思ったことが実は間違っているの。
動物、植物は防御していないでしょ。これが
地震を予知する能力が動物にあったりする理由で、インディアンのような人たちはもともと持っている能力なんだ。
地鎮祭とかはその名残なんだ。自然と会話する。
防御ではないでしょ。
自然を知りたいという人は、防御しなければいいんだよ。
「共存」は間違っているよ。都合のいい考えだからね。
人間以外を仲間と認めていないでしょう。
自然は防御に対して、防御しているだけさ。
集落が始まってから防御が始まる。
遊牧民はあまり防御していないよ。
すべての生命は愛の中にあるんだ。
posted by 鴨カッパーラ at 01:13| Comment(0) | 神様の声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。